自己破産の流れ

それでは自己破産をするためにはどうすれば良いのでしょうか。手続きの流れについて紹介しましょう。まずは弁護士に相談をすることになります。法律事務所へ行けば、快く対応してくれるでしょう。自己破産についてどのようなデメリットがあるのか、手続きのためにどんな費用がかかるのかをしっかりと説明してくれます。これからのスケジュールについてもきちんと教えてくれるでしょう。

弁護士に確認まずは債権者に対して書類を発送します。これによって取り立てをストップさせることができます。そして、破産申立をするために必要な書類の作成を行います。必要な書類の種類はいろいろあるため、それらをすべてきちんと揃えておくのです。

書類を用意したならば、それをもとにして弁護士が申立書を作成します。そして、それをその地域を管轄している地方裁判所に送ります。最終的に免責決定が確定したならば、その時点から借金の返済義務がなくなります。そのときから借金の苦しみから解放されるようになるでしょう。

ただし、免責にならないケースもあるため注意しましょう。たとえばギャンブルや浪費が原因の借金の場合は自己破産できないのです。細かい点については弁護士にきちんと確認しておきましょう。


自己破産とは

自己破産という方法があります。こちらは裁判所に借金返済が無理だと認められると免責が許可されるというものです。これによって税金以外のすべての債務の支払い義務がなくなります。ただし、一定以上の価値のある財産はすべて手放さなければいけなくなります。その人の持っている財産はお金に換えて借金返済のために債権者に渡されるのです。ただし、20万円以下の預貯金をはじめとして基準を超えない分の財産については引き続き所有することができます。

ブラックリストこの自己破産をしたからといって家族に影響が及ぶことはありません。家族がローンを組みたいと思っても、それには影響しないのです。ただし、本人についてはブラックリストに入ることになり、借り入れは最低でも5年間はできなくなってしまうでしょう。また、官報に掲載されます。特定の職業には就けなくなってしまうというデメリットもあるのです。

ただし、メリットはたくさんあります。借金の額がどれくらいだったとしても、自己破産が認められればすべてが免除されるのです。また、手続きを開始すれば強制執行を防ぐことができます。ある程度の財産はそのまま手元に残せるため、生活が困窮してしまうこともないでしょう。このような方法があることを覚えておきましょう。


弁護士に相談する

自己破産に限らず借金の問題を解決したいと考えているならば弁護士に相談をすることをおすすめします。弁護士というのは法律の専門家であり、借金の問題についても詳しいのです。日本には法律によって借金に関するさまざまな制度が定められています。それらを利用することによって、借金に苦しんでいる個人が状況を改善できる可能性があるのです。

自己破産弁護士に相談をして借金の問題を解決するための方法として債務整理というものがあります。債務整理というのはさまざまな手続きの総称のことであり、これによって借金を減額してもらうことができたり、あるいは支払いを猶予してもらうことが可能です。そのような方法として、過払い金請求や任意整理、民事再生、そして自己破産といった方法があります。

過払い金請求というのは法律に違反している分の利息を取り戻すことができるという方法です。任意整理というのは、借金の減額や猶予を交渉するというものです。民事再生は借金を減額して、3年から5年で返済できるような計画を裁判所に認めてもらうことです。そして、自己破産というのは借金をすべてなくしてしまえる方法となっています。

法律事務所は無料の相談を受け付けているため、気軽に弁護士に対して債務整理についての相談をしましょう。

≪参照リンク≫借金返済


借金返済方法

借金を返済することができなくて困っている方はたくさんいます。生きていると突発的な出費というのはたくさんあります。そのためのお金を用意することができなくて借金してしまうという方はたくさんいるのです。あるいは収入が低くなってしまい、どうしても借金しなければ生活ができなくなってしまったという方もいるでしょう。それぞれがさまざまな事情を抱えていて借金をすることになってしまうのです。

弁護士このような借金の状態を解決するためにはどうすれば良いのでしょうか。たとえば別のところからお金を借りて借金返済をやり過ごそうとする方がいます。しかし、これは根本的な解決にはなっていないでしょう。多重債務になってしまうため、余計に状況が悪化してしまうのです。いつまでも借金の問題を解決することができなくて、どんどん借金が膨らんでしまい、八方塞がりになっている方がたくさんいるのです。

このような借金の問題を解決したいときに利用できるのが弁護士です。弁護士であれば法律の知識を駆使することによって、借金の問題を解決するための提案をしてくれるでしょう。無料相談の機会も用意されているため、気軽に話をすることができるのです。

それでは具体的にどのような方法によって借金の問題を解決できるのでしょうか。こちらではその方法の中でも特に自己破産という方法に注目しています。こちらを用いることによって、借金返済の義務をすべて免除してもらうことができるのです。具体的にどのような方法なのかを紹介しましょう。