弁護士に相談する

自己破産に限らず借金の問題を解決したいと考えているならば弁護士に相談をすることをおすすめします。弁護士というのは法律の専門家であり、借金の問題についても詳しいのです。日本には法律によって借金に関するさまざまな制度が定められています。それらを利用することによって、借金に苦しんでいる個人が状況を改善できる可能性があるのです。

自己破産弁護士に相談をして借金の問題を解決するための方法として債務整理というものがあります。債務整理というのはさまざまな手続きの総称のことであり、これによって借金を減額してもらうことができたり、あるいは支払いを猶予してもらうことが可能です。そのような方法として、過払い金請求や任意整理、民事再生、そして自己破産といった方法があります。

過払い金請求というのは法律に違反している分の利息を取り戻すことができるという方法です。任意整理というのは、借金の減額や猶予を交渉するというものです。民事再生は借金を減額して、3年から5年で返済できるような計画を裁判所に認めてもらうことです。そして、自己破産というのは借金をすべてなくしてしまえる方法となっています。

法律事務所は無料の相談を受け付けているため、気軽に弁護士に対して債務整理についての相談をしましょう。

≪参照リンク≫借金返済