自己破産とは

自己破産という方法があります。こちらは裁判所に借金返済が無理だと認められると免責が許可されるというものです。これによって税金以外のすべての債務の支払い義務がなくなります。ただし、一定以上の価値のある財産はすべて手放さなければいけなくなります。その人の持っている財産はお金に換えて借金返済のために債権者に渡されるのです。ただし、20万円以下の預貯金をはじめとして基準を超えない分の財産については引き続き所有することができます。

ブラックリストこの自己破産をしたからといって家族に影響が及ぶことはありません。家族がローンを組みたいと思っても、それには影響しないのです。ただし、本人についてはブラックリストに入ることになり、借り入れは最低でも5年間はできなくなってしまうでしょう。また、官報に掲載されます。特定の職業には就けなくなってしまうというデメリットもあるのです。

ただし、メリットはたくさんあります。借金の額がどれくらいだったとしても、自己破産が認められればすべてが免除されるのです。また、手続きを開始すれば強制執行を防ぐことができます。ある程度の財産はそのまま手元に残せるため、生活が困窮してしまうこともないでしょう。このような方法があることを覚えておきましょう。