自己破産の流れ

それでは自己破産をするためにはどうすれば良いのでしょうか。手続きの流れについて紹介しましょう。まずは弁護士に相談をすることになります。法律事務所へ行けば、快く対応してくれるでしょう。自己破産についてどのようなデメリットがあるのか、手続きのためにどんな費用がかかるのかをしっかりと説明してくれます。これからのスケジュールについてもきちんと教えてくれるでしょう。

弁護士に確認まずは債権者に対して書類を発送します。これによって取り立てをストップさせることができます。そして、破産申立をするために必要な書類の作成を行います。必要な書類の種類はいろいろあるため、それらをすべてきちんと揃えておくのです。

書類を用意したならば、それをもとにして弁護士が申立書を作成します。そして、それをその地域を管轄している地方裁判所に送ります。最終的に免責決定が確定したならば、その時点から借金の返済義務がなくなります。そのときから借金の苦しみから解放されるようになるでしょう。

ただし、免責にならないケースもあるため注意しましょう。たとえばギャンブルや浪費が原因の借金の場合は自己破産できないのです。細かい点については弁護士にきちんと確認しておきましょう。